本文へ移動

日聴紙・MIMI2023年度

日本聴力障害新聞 2023年度

日本聴力障害新聞 2023年9月号(第885号)

●手話言語の国際デー(9月23日)
 ブルーライトで祝おう!
 今年のテーマ「世界中のろう者が、どこでも手話言語で
 コミュニケーションできる社会へ!」
 福岡市ろうあ協会がクラファンで70万円達成
●高齢者特集
 連盟・川本忠夫高齢部長「健康のためにも外に出て楽しもう!」
 長寿番付表、最高齢会員の近況、「健康に気をつけていること」
●図書館で普及中〝手話は言語〟
 2014年の改訂で「手話」が「言語」の分類に
●2人のきこえない人の活躍を紹介
 ・甲子園めざし、マウンドに立った球児 盛永空選手
 ・「会計検査院」で働く 三戸隆朗さん
●世界ろう連盟評議員会での主な決定事項
●【優生保護法問題】
 ・初の九州フォーラムに170人/大阪高裁での2審が始まる
●教育集会を4年ぶりに対面で/様々な機関との連携を
●大分県の七夕まつりに県ろうあ協会が初参加
 「手話言語」をアピール
●東京都でアクセシビリティを再考する討論を開催
 芸能文化のさらなる可能性を求めて
●合理的配慮への理解を求めて
 アスレチックの利用/拒否から解決に努力の前進
●宿泊施設のテレビ字幕表示 続報
 まずは要望し、ニーズの認知を!
●エレベーター内でのきこえない人の連絡の確保を!
 鳥取県がタブレット端末を試験運用
●連載「楽しくクッキング!」
 暑い夏にピッタリ!「山形のだし」
 (佐藤和子さんと永沢さつきさん)

日本聴力障害新聞 2023年8月号(第884号)

●手話通訳による情報保障を考える
 ・「正職率の伸び悩みと高齢化が課題」
  認定試験制度発足から34年、手話通訳者の雇用状況について
 ・連盟元理事の蠣崎氏が旭日双光章を受章。勲章伝達式の情報保障は?
 ・手話通訳の公的派遣どこまで「合理的配慮の提供」の解釈は?
 ・熊本訴訟の手話通訳「傍聴への情報保障の対策を!」
●韓国で第19回世界ろう者会議
 全日ろう連からウクライナ協会に義援金を贈呈
 評議員会では、役員改選や「ろう者の旗(Deaf Flag)」デザイン決定も
●創立100年の“とき”に平和を考える
 静岡県立浜松聴覚特別支援学校が「戦争」伝える講話会を実施
●連盟第3回理事会でデフスポーツ等の支援チーム設置を承認
●連盟理事が手話言語による情報保障、環境の整備など求め6省庁へ要望提出
●国立博物館『ウポポイ』がある町、
 北海道白老町が手話言語条例を制定
 道内180自治体中30例目
●日本から岡山放送が第18回メディアサミットに参加
 〝持続可能な手話放送〟に高い関心集まる
●和歌山県の就労継続支援B型事業所『手の郷』が2度目の移転
●今号の連載「話題のひと」は、
 連盟本部事務所長に着任した山根昭治理事

日本聴力障害新聞 2023年7月号(第883号)

●「第71回全国ろうあ者大会inおおいた」特集号
  2535人が参加する中、
  熱気高く「優生思想の根絶を!」「デフスポーツを盛り上げよう」
  6.10全国一斉アクションにもアピールチラシで行動
●日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会の総会・学術講演会に
 全日本ろうあ連盟から教育・文化委員会の山根昭治委員長が
 ろう当事者として初登壇
●連盟 デフリンピック啓発の映画上映活動を開始
●安優香さん事故死訴訟
  盲ろうの高橋和代さん(神奈川県)と宮城教育大学の松﨑丈教授が寄稿
●性的少数者の仲間はじめ誰もが安全安心な社会を!
  「日本ろうLGBTQ+連盟」が設立
●【優生保護法問題】
  ・議連が一時金支給法の請求期限延長の検討開始
  ・衆参両院調査室と国会図書館が調査報告書を公表
   「立法には批判的観点の議論もなかった」
  ・仙台・愛知・福岡訴訟などの情報も
●日本ろう者ライフル射撃協会の桂玲子会長
 アジア大会で2個の金メダルを獲得
●2025デフリンピックに向け、連帯強化を承認
 全国手話言語市区長会の総会で
●全通研が代議員会で手話通訳者養成など
 喫緊の課題を討議

日本聴力障害新聞 2023年6月号(第882号)

●埼玉県警が赤色警光灯の改善試行 全国初
「緊急走行」と「パトロール」の区別を
●第25回夏季デフリンピック
 (筑波技術大学の)きこえない学生たちが主役!
 エンブレムのデザイン案の制作開始
●「日本ろう者ライフル射撃協会」が発足
 2年後の夏季デフリンピック開催の決定をきっかけに
●まっちょるけん!
 今月は〝おんせん県(大分)〟で全国ろうあ者大会
 (2面に全国聴覚障害者写真コンテスト入賞者発表)
●【旧優生保護法問題】
 「大分から連帯の声を上げよう!」
 優生連、6月10日に一斉行動でアピール
●【第19回世界ろう者会議】7月・済州島(韓国)
 スローガンは「危機時の人権確保」(本紙編集部訳)
●手話通訳者等の養成カリキュラム 25年ぶりの改正へ
 全国手話研修センターが策定事業報告書を公開
●4月の統一地方選でろう議員2人が当選!
●高知県内の1/3の市町村が手話言語条例
 3町村が同日に条例を制定・施行
●ウクライナろう者避難民が母国へ救援物資
 在日大使館からの無償送付が実現

日本聴力障害新聞 2023年5月号(第881号)

●第25回夏季デフリンピック 第1回運営委員会
 事業の方針を承認/運営委員会体制(8人)が決定
 「誰もが活躍できる共生社会へ」
●【旧優生保護法訴訟】
 「国よ、被害者の声が聞こえるか?」 
 静岡地裁に次いで大阪高裁でも勝訴!
 3月28日には原告・支援者1000人超による全国集会
●ろう児3人の20年後の夢
 「将来この仕事がしたい!」(※11面に解説記載)
●全国手話研修センター創立20周年記念式典
 第20回京都さがの手話まつりも開催
 「手話と共に もっと未来へ」
●【手話言語法・条例/全国の動き】
 ・福岡県が手話言語条例を制定(都道府県で36例目)
  「ろう児の手話獲得機会を確保」10年越しで協会の要望叶う
 ・鶴ヶ島市(埼玉県)の二本立て条例や佐賀市の条例の可決も
 ・2022年の条例制定状況
●第5次障害者基本計画、4月1日から
 施策目標(5年間)を公示。デフスポーツへの支援も
●宮崎県聴覚障害者協会が映画『おわりなき聲(こえ)』完成
 800人超が鑑賞。「全国でも上映を!」の声も
●ウクライナろう者が避難に来日して一年
 郷土料理のふるまいを夢見て 観光ガイドや講演の活動も

日本聴力障害新聞 2022年4月号(第880号)

●安優香さん事故死訴訟 判決
 逸失利益は、”きこえる人の85%”
 「優生思想による不当な判決」
●金融庁との意見交換に連盟が改善を要望
 ろう者の話す・聞く権利を守るため、“通訳の質”の保障を!
●【旧優生保護法訴訟】
 静岡県…地裁が国に賠償を命じる 4件目の勝訴
 県聴覚障害者協会らが常に100人規模で支援活動・学習
 (他、兵庫、愛知、福岡の訴訟も掲載)
●「手話言語への正しい捉え方を!」
 文部科学省が謝罪し、サイトに連盟の「見解」掲載
 “手話そのものの記述がない”と“2種類の表記の間違い”を指摘
●山梨県 手話言語条例を制定
 =都道府県35例目= 2回目の“意見書”も可決
●ウクライナろう者避難民が大分県で就労
 「別府市に妻を呼び、一緒に住み続けたい」
●連盟第5回理事会
 デフリンピックに関わる各事項を承認
 加盟団体の組織力向上をめざす研修会の開催も
●テレビドラマ『silent』&『星降る夜に』への感想を紹介
 (協力:連盟青年部中央委員会)
●NHK「選挙開票速報を手話で!」
 初の手話つき生放送を決定
●第19回さがの映像祭をオンラインで配信
 コンクールで3作品が入賞。伊藤徹也さんに優秀賞
●連載「楽しくクッキング!」
 ほたて貝を使った「貝焼き味噌」(青森)

日本聴力障害新聞 2023年3月号(第879号)

●「デフアスリート全員を応援します!」
 2025年東京デフリンピックまであと1000日!
 議員連盟主催の応援イベントに200人
●デフスポーツ・サポーター制度の運用開始
 『共生社会』の実現を!
●【旧優生保護法問題】
 全国初の一審勝訴・熊本地裁判決、国に賠償命令
 これまでに勝訴した判決のポイント表の記載あり
●2月27日の判決を前に、安優香さん事故死訴訟を考える②
 被告側が主張する「逸失利益」の減額への反論根拠を掲載
●有料道路割引制度見直し、3月27日から
 レンタカーやタクシーの利用も対象に!
●「第71回全国ろうあ者大会inおおいた」のスケジュール記載
 申込〆切は4月3日
●山梨県、今月にも手話言語条例の採択へ!
 9月23日を「やまなし手話言語の日」に
●専任通訳者の勤務拡充求める
 湖南市(滋賀県)協会が請願 満場一致で採択
●米内山明宏氏 逝去
 ※那須英彰さんからの追悼「終着駅への旅路」掲載
●ウクライナのろう者避難民2人が 運転免許証を取得
●鳥取県が「電話リレーサービス説明会」を開催
 1月~2月に県内3会場でデモ体験等を実施
●連載「楽しくクッキング!」
 “鶏”料理のひとつ「さつま汁」で温まろう
 寿福三男さんと女性部のみなさん

日本聴力障害新聞 2023年2月号(第878号)

●連盟が全国専従職員研修会を神戸で対面開催
 「協会を心の拠り所に!」
●埼玉協会「新成人を祝う会」継続開催で参加率アップ
 「諦めなければ、道は拓(ひら)ける!」
●連載「楽しくクッキング!」
 おかずにも、おつまみにも!福島県の郷土料理「いかにんじん」
 安齋久人さん(福島県)
――――――――――
●6月は、「癒(い)やし」の地 豊(とよ)の国(くに)へようこそ!
 第71回全国ろうあ者大会
 ※実行委員長の西村務さんが「話題のひと」に登場
●3年ぶりの新年一般参賀に手話通訳
●緊急情報 すぐに届け!
 アステムと岩手大学が「防災システム」を開発し、実証実験
●「市民が手話を知っている街へ」坂出市(香川県)
 2本立て条例制定、香川県で4例目。災害時の施策も
●「誰もが笑顔でいられる社会を!」
 日本財団がきこえない代表の団体“あけ海”を表彰
 社会貢献活動を讃え、ヒーローズアワード 
●【旧優生保護法問題】
 大津訴訟が結審、福岡訴訟の第12回裁判も。
 北海道の知的障害者施設の不妊処置提案に、
 〝産み育てる権利の侵害〟と障害者団体
●横須賀美術館が作品(絵画)の解説を手話動画で提供
●「優生思想を払拭(ふっしょく)した公正な判断を!」
 安優香さん事故死訴訟を考える① 2月27日の判決を前に
●デフ選手たちに認定・公認証を授与
 東京パラアスリート強化事業

日本聴力障害新聞 2023年1月号(第877号)

●年頭あいさつ…石野理事長(1面)
 みんなの力で押し上げよう!「手話言語法」
●第20回全国ろう者将棋大会 2年ぶりに福岡県で
 吉岡真さん(広島)が初優勝!(12面)
●【連盟】相談員研究会&労働問題フォーラム
 「ろう者が継続的に相談しやすい環境を」
 3年ぶりの対面研修会(13面)
――――――――――
●2023年新春対談「ひねもす 平和を願い」(2~4面)
 ゲスト/ちばてつやさん
 聞き手/石野富志三郎理事長
 司 会/中橋道紀編集長
●ICSDのアダム・コーサ会長への独占インタビュー
 「今後15年間の戦略を考えていきます」(12面)
●2025デフリンピック東京大会推進議員連盟が設立(1面)
●ウクライナ避難民に群馬県みどり市が自動車を贈呈(11面)
 「全高住」のふるさと納税の寄付で
●【旧優生保護法問題】愛知訴訟・第1回裁判(14面)
 原告のろう夫妻が意見陳述 “自分の子どもを愛したかった”
●安優香さん事故死訴訟(14面)
 “懸命に生きた姿を正しく見つめて公正な判断を”
 結審を経て、2月27日の判決へ
●盲ろう者対象の『咲む』上映会で楽しむ(16面)
 昨年11月、神奈川県で全国初の取り組み
●「D’LIVEvol.17」開催(16面)
 3年ぶりの手話ライブに562人が参加
 音楽・ダンスでそれぞれ弾ける!
●小中前理事が功労者表彰を受賞(6面)
 令和4年度「障害者週間」関係表彰
●機関紙担当者研修会をオンラインで開催(12面)
 毎日新聞社の元記者、蒔田備憲さんが講演。
 「無理のない形で継続的な発行を」
●全青研を初めてオンラインで開催―鹿児島で―(15面)
 180人が分科会で討論 地元の活動へ繋げよう

MIMI (季刊みみ) 2023年度

季刊みみ180号(2023年夏季号)

特集「手話を学ぶ、手話を教える~心が通じ合う社会へ~」
いま、ドラマや映画の影響により、手話を学ぶ人が増えています。学び方や教え方が多様化する一方、手話通訳者数が不足している現状を踏まえ、座談会をはじめ、寄稿やデータ等から、今後あるべき手話学習の姿を探ります。
特に、座談会では小出新一さんや木村晴美さん、赤堀仁美さんらが登場します。
<カラーグラビア>
 ・(各所の手話学習の様子)富山県滑川市・全国手話研修センター・国立障害者リハビリテーションセンター学院・手話教師センター
 ・第19回さがの映像祭
 ・True Colors Festival THE CONCERT 2022
 ・みみ写真館
 ・連載『共鳴 撮る×詠む』 №8
<連載・聴くを考える 視るを考える>第77回
 「聴くと聞く、視ると見る」 黒﨑信幸
<記事>
 ・2025年デフリンピックの準備活動進む
 ・「咲む」上映活動を振り返る
 ・井出安優香さん事故死訴訟「逸失利益15%減額を問う」 
 ・旧優生保護法に訴える⑱控訴・上告の取り下げを ほか
 ・<新連載>「こんにちは!加盟団体とともに歩んでいます!」(東京・愛媛)
<みみちゃんの質問コーナー>
 パブコメ・宗教二世

季刊みみ179号(2023年春季号)

特集「70年のときを超えて 今こそ~天に沸き立つ癒しの地、おおいたへ~」
6月に開催される全国ろうあ者大会の概要とともに、会場周辺のおすすめスポットや大分県の手話のほか、70 年前の第4回全国大会を成功させた諸先輩方から受け継がれてきた、大分の運動のあゆみと成果もお伝えします。
<カラーグラビア>
第71回全国ろうあ者大会実行委員会
大分市・別府市のおすすめスポット
ウクライナろう者避難民支援 群馬県みどり市での暮らし・広がる交流
みみ写真館
連載『共鳴 撮る×詠む』 №7
<連載・聴くを考える 視るを考える>
第76回 国や地方行政の意識改革を 衛藤晟一
<記事>
デフスポーツ・サポーター制度にご協力を
国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)アダム・コーサ会長に訊きました
相談員研修会&労働問題フォーラム、ほか
<みみちゃんの質問コーナー>
メタバース・インボイス制度

日聴紙・MIMI 2022年度

日聴紙・MIMI 2021年度

日聴紙・MIMI 2020年度

日聴紙・MIMI 2019年度

日聴紙・MIMI 2018年度

購読申し込み・注文(全日本ろうあ連盟)

 お申し込みはこちら
日本聴力障害新聞(日聴紙)や季刊みみ(MIMI)等を紹介します。
TOPへ戻る